2017年9月4日 運動会はサッカーのトレーニングシューズをおすすめします!

 

サッカーのトレーニングシューズを普段履きに!

20170904.jpg夏休みも終わり、秋の運動会シーズン到来ですね。実はこの時期に多いのが、『かかとの痛み』です!夏の遠征や合宿の疲れが残る中、運動会の練習が始まり、

陸上記録会の練習も始まり、そのうえマラソン大会の練習までこれから増えてきます。1年で1番疲れが出る時期ではないでしょうか?

先週の土日はたくさんの子供たちが運動会用に靴を新しく買いに来てくれました!

今回のテーマは「運動会で履く子どものシューズについて」です。サッカーのトレーニングシューズはサッカーのときだけ!と思われがちですが、普段履きのシューズとして使っても全く問題ありません。

知っていましたか?

 

サッカーはご存知のようにダッシュ&ストップ&ターンの繰り返しの激しいスポーツです。その動きに耐えられるシューズなので、サッカーのトレーニングシューズは高性能でとっても丈夫です。

 運動会の花形競技である徒競走で、パフォーマンスを発揮する為に・・・

『かかとの痛み』などの怪我を避けるために・・・

サッカーのトレーニングシューズは普段履きとして使ってもオススメです。

 

運動会の3大ブランドシューズは?

運動会の3大ブランドシューズといえば、「瞬足・スーパースター・レーザービーム」ではないでしょうか?

特に「瞬足」は名前からして子供たちの間では大人気ですね。

 

瞬足 ーアキレスー

「瞬足」は、アキレスというメーカーが発売しているシューズ。

左回りのトラック競技で転倒することの多い子どもたちを左回りに特化した「左右非対称ソール」で「転ばずに最後まで力いっぱい走らせてあげたい」というコンセプトの元、2003年に発売されました。

名前も「瞬足」なので子供たちの間では運動会シーズンになるとブームになり、今なお人気です。

 

スーパースター −ムーンスターー

「スーパースター」は、ムーンスターというメーカーが発売しているシューズ。
最大の特徴は「バネのチカラ」。

ソールの中に搭載している「パワーバネ(バネのチカラ)」構造により、地面を踏み込むときにパワーをためて、蹴り出すときに、そのパワーを推進力に変えるというシューズです。

 

レーザービーム −アシックスー

「レーザービーム」は競技シューズに強いアシックスが発売しているシューズ。

つま先部分に工夫を凝らしているのが特徴でスパイクにような突起物があり、キック力を効率よく路面に伝えることを考えたシューズです。

 

なぜサッカーのトレーニングシューズをおすすめするのか?

上に紹介したシューズはテレビCMなどによる知名度とおおよそ2,000〜3,000円の価格ですし、周りのみんなが履いているという安心感もあり買われている方が多いのかなという印象です。

しかし、これらのシューズは運動会専用シューズという用途に限らず、普段履きのシューズとして履かれているのが現状だと思います。どのメーカーも、普段履きのシューズとして消費者のニーズに応えるため、機能性や耐久性の技術開発を続けているのだとは思いますが・・・

実際に、子どもたちの通学する環境はとても過酷なものです。

通学路はアスファルト舗装の場所が多いだろうし、遊んで汚してきたら泥んこだし、だからなるべく値段も安い方が助かる・・・

お父さんお母さんとしてはこんなところではないでしょうか?

だだ、低価格で提供されるシューズはやはりそれなりです。

メッシュ状の生地や靴底の形状を見ると、普段履きで履いた場合、すぐやぶけたり消耗はとても早いのだろうなと想像できます。

 

土グランドでパフォーマンスを発揮するサッカーのトレーニングシューズ

 201709044.jpg

日本代表の試合やJリーグのサッカー試合はキレイに整備された天然芝で行われていますが、小学生のサッカーは、学校の校庭など土のグラウンドで行われることがほとんどだと思います。(最近は人工芝のグランドも増えてきましたが・・・)

校庭によっては、スパイクが禁止されている事も多く、そんなサッカー少年・少女のために、サッカー用トレーニングシューズというものが各メーカーから発売されています。なので、サッカー少年・少女は土グランドではトレーニングシューズを履いて練習をしています。

 

サッカーのトレーニングシューズの特徴

ソール(靴底)

スパイクのような長いスタッドの代わりに、丸や長方形といった形状の、小さく短いポイントが多く並んでいます。

ポイントの素材は、カーボンや合成樹脂などを混ぜ込んだラバー(ゴム)素材のため、ふんばる時の粘りが生まれ、グリップ性に優れ、耐久性もあります。

アッパー

素材は、天然皮革か人工皮革、合成樹脂等で構成されています。最近は人工皮革や合成皮革が多いですね。

足の固定は、レース(ひも)タイプになります。ひもがまだできない子供たちにはベルクロ(マジック)タイプも発売されています。

サッカーは足でボールを扱うスポーツなので、アッパー部分に特徴があり、特に「つま先」、「足の甲」、「かかと(ヒール)」などは丈夫に作られています。

このように、土のグランドでの激しい運動に適したシューズとして作られているのが、サッカー用トレーニングシューズです。

ダッシュ&ストップ&ターンの激しい動きに適したシューズなので、「作りが丈夫で壊れにくい!」というのが最大の特徴です。

 20170904TRシューズ.jpg

 

ぜひ普段履きにはサッカーのトレーニングシューズを・・・

高機能なサッカー用トレーニングシューズですが、通学に使っても普段履きとして使っても全く問題ありません。

むしろ一般的なシューズに比べて、全体的な作りが丈夫で長持ちします。

雨の日でも人工皮革なら水もある程度はじきます。

サッカーをやっていない子供たちでも、普段履きとしてサッカーのトレーニングシューズが丈夫でしっかりしているのでオススメです。先週の土日はたくさんの子供たちが運動会用にトレーニングシューズを買いに来てくれました!

最近は派手で斬新なデザインが多いので、運動会でもきっと我が子を見つけやすいですよ!

  

また、この時期から多くなる『かかとの痛み』。 医療機関を受診すると「成長痛」と言われてしまうかかとの痛み!
足がしっかりしていない子に多いです!

201709045.jpg

 

土踏まずが無い(扁平足)!スネから足首の曲がりが強い!足の小指・薬指・中指が内側に曲がっている!足の親指が捻れている・曲がっている!…そんな足です。

そんな足の子が、履き古したクテクテの靴を履いて駆けっこの練習をやれば…?

踏ん張れない足!ご主人様を守れなくなった靴!…かかと痛くなります!

お母さん、玄関の靴!大丈夫ですか?…買い換えるタイミングかもしれませんよ!

ぜひ、サッカーのトレーニングシューズをオススメします!

 

また、『かかとの痛み』などの足のトラブルでお悩みでしたら、

バランスショップ キックオフでは靴と足のスペシャリスト、「フットケアトレーナー」が足や身体のトラブルを靴選びとフィッティング、インソールで解決いたします!

 

まずは、お電話にてご予約ください。

お電話で靴のことやインソールのお問合せの際は、

ホームページを見て・・・とお伝えください。

0276-47-0007

 

▲このページのトップに戻る