2017年11月9日 靴の寿命って?

靴にも賞味期限があります!

20171109A.jpg「最近なんか調子が悪いな・・・」

「小指が当たって痛い!」

今日この頃のふくらはぎの張りや痛み、腰の痛みや辛さ!など。

靴のヘタリが原因になっている事もあります。

今どきの靴はそんなに長持ちしません。

靴の賞味期限が切れてしまったサインを見逃さないで!

 

 

靴の寿命って?靴にも賞味期限があります!

 足の怪我や体のトラブル…賞味期限切れの靴を気づかずに履いていると再発しやすいです!

 

「最近、小指が当たって痛いんです」

先日ご来店頂いた小学生のサッカー少年の話です。

 

5月上旬に初めてお越しになったときは踵の痛みの相談でした。

足計測をして、足に合ったスパイクでインソールも作製しました。

あれから踵の痛みは無くなったそうです。

でも7月の下旬あたりから調子が悪く、右ふとももの肉離れから始まり左のふくらはぎの張り・・・

少しサッカーをお休みしていたそうです。

 
しばらく調子が良かったのに・・・

お話をうかがい、シューズを手にしてみると…やっぱりです!

 

20171109.jpg

シューズが、腰が抜けてクテクテになっています。

前足部(アッパー)が伸びてクテクテになってます。

そうするといくらヒモをきつくしめてもシューズの中で足が動きます。

さらに小指の外側だったり、爪の先の部分が真っ先に当たりだします。

最近のスパイクの傾向として、人工皮革で柔らかくて軽いものが多いです。

人工芝のグラウンドが増えたことでスパイクのスタッド(ポイント)は減らなくなったと思いますが、数か月履いたスパイクは前足部(アッパー)がすっごく柔らかくなります。

サッカーはストップ&ターン&ダッシュの繰り返しなので、伸びきったスパイクでは足や体に負担がかかります。バスケだってテニスだってバトミントンだってマラソンだって同じですよ!

スタッド(ポイント)が減ってないから平気!と思っていると大きな落とし穴にハマります。

怪我をしてからでは間に合いませんよー。

 

これが靴の賞味期限が切れたサインです。
靴の腰が抜ける(剛性が落ちる)と体重、荷重、動きを支え受け止められなくなります。

すると、出てくるんです…また痛みが!
足の裏に出たり、かかとに出たり、ふくらはぎに出たり、太ももに出たり、膝・股関節に出たり…

「靴のへたり!」こんな事が痛みの原因になっています!

 

 20171107.jpg

今回はもうスパイクがクテクテなので、

新しくして足と歩行のバランスをチェックしてインソールを調整しました!

 

よかったら 今までお履きのシューズを持ってキック・オフ にお越しになりませんか。
「靴の健康診断」やっています!

 

キックオフでは資格を持ったフットケアトレーナーが「靴の健康診断」やっております。

ご予約ください。

お電話で靴のことやインソールのお問合せの際は、

ホームページを見て・・・とお伝えください。

0276-47-0007

▲このページのトップに戻る