2017年12月28日 捻挫を繰り返してしまうのはなぜ?何が原因?

捻挫をしやすい理由は? 繰り返すのはなぜ?

捻挫2.jpgスポーツをしている人にとって1番身近な怪我といえば、『捻挫』ではないでしょうか。治ったと思ったら、今度は反対の足を捻挫してしまった!とか、練習したらまたやってしまった!とか、捻挫が癖になってしまっている!という相談をよくお受けします。

 

ではなぜ捻挫してしまったのか?捻挫しやすい足の特徴って?

捻挫しないためにはどうしたらよいのか?をお話しします。

 

●捻挫とはどんな状態?

捻挫により損傷されるのはもちろん靱帯です。
靱帯は関節が過剰に動きすぎてしまうのを止める働きをしており、関節が綺麗にスムーズに動くためのサポートをしています。
捻挫は、本来伸びることのない靭帯に対して、関節を強くひねるなど急激な強い負荷が加わることにより靭帯が伸びてしまう(部分断裂)、もしくは靭帯が完全に切れてしまう(完全断裂)ことにより生じます。
そして、損傷された靱帯の周辺で内出血や腫れが生じ、靱帯そのものの痛みだけではなく腫れによる痛みが同時に出現してきます。

 

●捻挫をする人としない人では何が違うの?

捻挫=スポーツをしている時というイメージが強いかもしれませんが、
実は捻挫は日常的な足の使い方の悪さも影響して発生しやすくなります

そのため、普段の何気ない動作や姿勢、からだの使い方にも目を向け、その原因を捉えていく必要があります


捻挫をしやすい人は、

 

  • 履いている靴が足にあっていない
  • 土ふまずが低い(扁平足)
  • 土ふまずが高すぎる(ハイアーチ)
  • 足部が外反または内反している
  • 足指がうまく使えない、踏ん張れない
  • 靴の中で足が曲がっている

 

 

                          などの特徴がみられます。

 

このような足の特徴を持っていると、捻挫の原因となる身体の使い方を自らしてしまっている可能性が高いです。
逆に捻挫をほとんどしない人では、このような特徴が少なく、身体の使い方も上手い人が多いのかもしれません。

 

●捻挫は癖になる? 何度も繰り返す理由は?

捻挫を一度すると、それがきっかけとなって癖になってしまうという話を聞いたことがありませんか?
癖になる原因の一つに、捻挫を起こした靭帯はなかなか完全には修復されにくいということが挙げられます。


一度損傷してしまうと「靱帯が伸びる」とよく表現されるように関節は緩くなりやすく、損傷したときと同様の動きに対して、靭帯が関節の動きを止めようとする働きも弱まるのです。

しかし損傷された靱帯そのものだけが、癖になる理由ではありません。

捻挫を繰り返してしまう場合には、
そもそも損傷した靭帯に負担をかけてしまうような動作・からだの使い方を繰り返している可能性が非常に高い』と考えます


つまり、『捻挫は起こるべくして起った』ということです。

この場合、からだの使い方、すなわち動きそのものを変えていかなくては『捻挫を何度も繰り返す』のです。

  

ここまでくると、捻挫をしてしまった場合に何をしていくべきなのか見えてきましたか?

 

●捻挫を予防するために・・・

 

 足に合ったしっかりしたシューズを履く

競技シューズは特にデザインで選びたくなりますが、足を守る!という観点から考えるとかかとの部分がしっかりしていて横方向の動きに対してもサポートしてくれるものを選びましょう。いくらフィット感が良くても柔らかすぎるのは大敵です!

 

インソールで足部バランスをとり、足指を使いやすく踏ん張りやすくする

足に合ったシューズが選べたら、足指が機能的に使えるように、踏ん張れるようにインソール調整をすると良いでしょう。

 

 足指がしっかり使えるように筋トレをする

日常生活でできる予防は「足指の筋トレ」です。つま先立ちなど毎日できるトレーニングを教えます。

即効性はありませんが、地道な努力が捻挫の予防になります。

 

「捻挫しやすいんです!」と相談の小学2年生の男の子

捻挫.jpg足はこんな感じ。

左足のほうが足部が外反(内側に倒れ込んでいる)が強いですね。

横アーチも低下しているので足幅が広く見えます。

 

 

履いて来たシューズは柔らかめだったので普段のシューズを新しくしました。

 

捻挫4.jpg捻挫5.jpg

アシックスのジュニオーレ4TF。

サッカーのトレーニングシューズですが、すごく丈夫なので普段履きとしてもオススメです。そしてインソール調整をしました。

 

捻挫6.jpgそれから、学校で履く時間が長い「上履き」にもインソール調整をしました。なんといっても履く時間が長いのが学校の上履き!インソールを入れるだけで別物になります!

 
最後は毎捻挫3.jpg日やってほしいトレーニングも教えました。
つま先立ち、すごく足が変わります。ほかにも毎日やってほしいトレーニングがあります。
 
 
これで「捻挫」から卒業できるといいですね。

 

もしお子さんが捻挫を繰り返していたり、なかなか治らないようでしたら良かったら相談にいらしてください。

今ドラマで話題の「シューフィッター」が靴と足をチェックします。

そのうえ「フットケアトレーナー」が足バランスと歩行バランスを観察してインソールを調整いたします。

 

キックオフでは資格を持ったフットケアトレーナーが靴と足の相談をお受けしています。

ご予約ください。

お電話で靴のことやインソールのお問合せの際は、

ホームページを見て・・・とお伝えください。

0276-47-0007

▲このページのトップに戻る