2018年9月14日 今年も始まりました、かかとの痛みの相談!

今年も始まりました、かかとの痛みの相談!

201809142.jpg今年も始まりました。

9月は1年で最も「かかとの痛み」の相談が多いのです。

皆さんの周りにも、かかとが痛いって言っているお子さんいませんか?

なぜこの時期に頻発するのか…

それには理由があるんです。

 

なぜ9月は「かかとの痛み」が多いの?

今日の子も、同じチームで何にもの子が "かかとが痛い"ってお医者さんに行っているみたいです。

こんなに多発するって、かかとの痛み…

お医者さんでは、多くの場合 "成長痛" 、"疲れだよ"…が多いです。

成長痛は?ですが、疲れは納得できます!
大人も同じです、夏の疲れ!季節の変化への対応が難しいのです。

そのうえ、多くの子供たちは夏休み明けてすぐ運動会の練習が始まります。

 

新学期、夏の疲れ、運動会の練習、週末はサッカーなど自分のやっているスポーツの練習や試合。

子供たちの身体は悲鳴をあげます。

 

医療機関を受診しても「かかとの痛み」が治らなかったら?

201809143.jpg

かかとの痛み、ひざの痛み等が繰り返し起きたり、なかなか良くならなかったら、疲れはもちろんですが、環境、習慣を疑って見ましょう!

靴です!履き方です!サイズです!…靴 合っていますか?
靴が特効薬になる人(子)がいっぱいいます!

 

 

小学5年生 「かかとの痛み」の相談。

201809142.jpg

少し前からかかとの痛みを訴えていて、近くの整形外科へ、検査をしても特別悪くないので湿布を貼って様子をみましょう。サッカーの練習をやる時はサポーターを使って。

で、あまり改善がみられないので、次は整骨院さんに行きました。電気とマッサージ。
これサッカー用だからとこれまたサポーターを…。

それでも痛みはおさまりません。

お母さんは、同じチームの子から "インソールが良いよ!"
と聞き、靴も買ってインソールを入れました。

でもお母さん!この靴はこの子には少し大き過ぎます!
大きめの靴に合わせてインソールを選びました…。

ダメダメ!インソールはお子さんの足のアーチにあわせな
いと効果は期待できません。(まず足に、そして靴にも合うように選びます)

201809143.jpg

そもそもこの子が履いていた靴はどれも足に合っていませんでした。

小さすぎたり、大きすぎたり…

だからどんなに良い治療をしても根本的な改善には繋がらなかったのでしょう。

 201809144.jpg

正確に足を測って足にピッタリな靴でインソールでバランス調整しました。

これでサッカーも運動会もバッチリですね。

私たちのインソールの考えは、靴も含めて良くない足元の環境(バランス)を良くすることによって、痛み辛さを軽減して、日常生活、運動がしやすいようにします。
結果、良いバランスで筋肉を使わせることになりますから依存よりも改善!発達!につながると思っています。

 

インソールが1番!インソールがすべて!ではありません。

治療(サポーター、テーピングを含む)は大切です、必要です。

でも環境(靴を含む足元)が悪ければ、どんなに良い治療をしても、良い結果はなかなか望めないでしょう。

 

「かかとが痛い」と言っているお子様の靴、合ってますか?

きちんと靴ひもしばってますか?

▲このページのトップに戻る